0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

date :2018年09月02日

NIKON C00LPIX P900 レポート

8月31日に話題となっていたNIKON COOLPIX-1000が、
9月13日に発売されると発表された。
ひょっとすると国内では発売されないのではないか?

そんな噂もあったのが、125倍3000mmのP-1000。
SONYのHX400Vが2度目の手ぶれ機能故障で、
散歩カメラの後継機を考えていたから関心は大きかった。

情報を集めてゆくうちに、1 kgを超す重量に疑問を感じた。
3000mmは魅力だが、果たして散歩カメラに適するのか?
それで、P-900の現物をもってみることにした。

「でかい」が第一印象。P-1000はさらにでかい。ムリだ。
それで、P-900を2000mmにして捉えてみる。
3度に2回はフレームアウト。オレには3000mmムリ。

簡単に結論がでてしまった。
さんざん、欧米人が扱うビデオをみたけれど、
170cmのオレではもてあます。

それで、P-900を発注し終わってネットみたら、
あれぇ、発売日の発表があった。
価格コム予約が12万円台。うん、やっぱりサブ機には高い。

で、P-900は、フィルター、液晶フィルム等で5万円。
これで正解だったのか。
昨日の夕方に届いた。今朝になって試し撮り。

1892-2.jpg 1892-4.jpg

まず2000mmの威力をみる。
SONYは1200mmだったから、ネオコンの超望遠は慣れている。
が、さすがに2000mmは凄いが、デジ望遠の3000mmでは揺らいだ。

1892-1.jpg 1892-3.jpg
 ↑ 左は2000mm、右が3000mm。

SONYでは光学域で撮ったこちとがなかったが、
ま、画質が極端に落ちる。3000mmが限界かと思う。
2000mm前後でカラスを撮ってみた。

1892-aa2.jpg 1892-aa1.jpg

肘を窓枠に固定して撮ったが3度に1度はフレームアウト。
リトライしてる間に逃しかねない。
こりゃ、野鳥はむつかしいぞ。

1892-aa4.jpg 1892-aa6.jpg
 ↑ 左は夜景 右はマクロ

以下は1500〜2000mmの解像度テスト。
ま、だいたい、このカメラの実力がわかってきた。
P-1000にまでムリしなくてよかったんじゃないかと思う。

ただし、SONY HX400Vのカールツァイスは捨てがたい。
2度目のおなじ故障の修理はシャクだが、直しておこうと思う。
まずは、カメラ沼の住人からの簡単なリポート。

1892-aa7.jpg 1892-aa5_20180902133239853.jpg

1892-aa9.jpg 1892-aa8.jpg

1892-aa11.jpg 1892-aa10.jpg

AWACSがフレームアウト寸前。
これは撮影者の腕の未熟さかなァ。
ま、頑張って撮りましょう。

NIKON COOLPIX P-900
画像処理 Photoshop Elements 2018 /Camera_Raw 9.21

順位アップにご支援ください!!
↓ ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 写真ブログ マクロ撮影へ
にほんブログ村

⬅️掲示板です/画像貼れます。お気軽にご利用ください。


⬅️拍手

pictlayer



ADMIN

blogramで人気ブログを分析

Blog Ranking

Album

☆アルバム スライドショー


☆Galleryの更新記録


☆光りと影/過去写真


cuntor

total
today
yesterday

ただいまのお客さま:

My web link


☆main Web site


☆エッセィブログ


☆飛行機写真ブログ


☆朝フォトまとめ

☆駄句だくまとめ

☆内弟子の写真ブログ

☆おペケの料理ブログ

Communication

☆光と影の掲示板

☆自分史エッセ

☆参加しています


▼自然を愛するカメラマン


YouTubeを観る?


developed by 遊ぶブログ

ブログ内検索

プルダウンリスト

最近の記事

最近のコメント

プロフィール

GOMBESSA

カテゴリー

<< 全タイトルを表示 >>

月別アーカイブ

RSSフィード